Keika-Kazan School

Click here to edit subtitle

 

 

The Keika-Kazan School was founded by Bunga Tanuma I in 1930.

 

Bunga Tanuma I, the founder of Keika-Kazan School was a master of the Seiha-Seizan School, one of the most traditional ikebana schools.

 

 Bunga Tanuma I brought old mulberry wood into traditional ikebana arrangements, and established her own style to arrange various natural scenes. 

 

She called her style "Scenic Ikebana".

 

 

The image above is one of her pieces. The arrangement is showing a scene of an oasis in a desert.

 

景花崋山流は1930年、初代田沼文雅によって創始されました。

景花崋山流 初代家元 田沼文雅は、正派青山流生け花を習得し、長年研鑽を積んだ後、”桑の古木を生け花に取り入れ、自然の景色を活ける” という独自の生け花を発案しました。 そして、正派青山流家元より、これを新しい生け花流派として世に発表することを認められました。

初代田沼文雅は、自らが発案した景色を活ける生け花を”景花”と呼び、この流派を景花崋山流と名付け、世に発表しました。

上の写真は初代家元 田沼文雅の作品であり、砂漠の中のオアシスの光景を表しています。

 

 

 

 

 

In 1973, Tanuma Bunga II succeeded the Keika-Kazan School as the second iemoto.

 

The image on the left is a piece by Bunga Tanuma II.

 

This arrangement is showing a scene of a windy seashore.

The pine trees are standing against the strong wind that comes from the sea.

 

1973年、二代目 田沼文雅が景花崋山流 二代目家元を襲名しました。

 

上の写真は、二代目田沼文雅の作品で、”潮風” と題されています。 潮風に耐えて立つ、海岸の松の姿を表しています。

 

 

 

In 2005, Bunga Tanuma III succeeded the Keika-Kazan School as the third iemoto.

 

The image on the left is a piece by Bunga Tanuma III.

 

The arrangement is showing a scene of a mountain in fall where

red、orange, yellow, and green colors are beautifully mixed.

 

2005年、三代目 田沼文雅が景花崋山流 三代目家元を襲名しました。

上の写真は、三代目 田沼文雅の作品で、鮮やかに色づいた秋の山の風景を表しています。

              Bunga Tanuma I           

The founder of Keika-Kazan School     

The first iemoto of Keika-Kazan School

 

 

       初代 田沼文雅 

     景花崋山流の創始者 

     景花崋山流 初代家元

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

              Bunga Tanuma II 

The second iemoto of Keika-Kazan School

 

             二代目 田沼文雅

    景花崋山流 二代目家元

 

 

 

 

 

 

             Bunga Tanuma III  

The third iemoto of Keika-Kazan School    

 

      三代目 田沼文雅

    景花崋山流 三代目家元